調剤薬局・病院で働く薬剤師の年収(給料)が低い理由とその解決策

調剤薬局・病院で働く薬剤師の年収(給料)が低い理由とその解決策

調剤薬局や病院で働く薬剤師のあなたはどのくらいの年収(給料)で、どのくらいの時間働いていますでしょうか。

一般世間的には「薬剤師の年収(給料)は高い」と思われがちですが、大手一般企業で働く薬剤師と比較するとそんなに高くないことは、同じ薬剤師である皆さんはすでに知っていることだと思います。

まして学生時に投資した高額な学費から考えると、年収はもう少し高くても良いのではないかと思ってしまうのも無理はありません。

でも実は、年収(給料)が低いのはその額でも良いとした薬剤師であるあなたのせいかもしれません。

今回の記事ではタイトルにある通り「調剤薬局・病院で働く薬剤師の年収(給料)が低い理由」を解説し、盲点であったその単純な解決策をご紹介します。

目指せ年収700万円以上。パート時給2500円。

 

調剤薬局で働く薬剤師の給料が低いのはあなたのせい

冒頭からいきなり「あなたのせいです」と言われて、度肝を抜かれた方も多いと思います。

注目を引くために、少々煽っています。すみません。

そうは言っても、身に覚えがないし、自ら給料を低くしたわけでもないし、できるなら高くしたいくらい。

しかし、就職時、転職時に年収(給料)の低い調剤薬局・病院を選んでいるのはあなたなのです。

ただ、あなたは求人サイトの罠に騙されているだけかもしれない。そうならないためにも、注意すべきポイントを理解し、実行することが大切です。

 

当たり前の転職活動をした薬剤師のつけ

早速、転職活動の話になりますが、どの業界においても転職するには企業に直接応募する方法と紹介会社のエージェントを介する方法があります。

  • 調剤薬局や病院へ直接応募する方法
  • 紹介会社などのエージェントを介する方法

調剤薬局や病院へ直接応募する方法は昔ながらの方法なので、当記事ではその内容は割愛させていただきますが、特に注意すべきなのは、求人サイトや紹介会社などのエージェントを介する転職です。

最近ではこれらを経由して転職をする人が増えてきており、それはそれで大変良いことだと思います。

しかし、この求人サイトおよび人材紹介会社経由の転職ではうまく利用するのとしないのでは年収(給料)に大きく差が生まれてしまいます。

 

薬剤師の平均年収(給料)は〇〇〇万円

本題に行く前に、まずは全国の薬剤師の年収を確認してみましょう。

以下のデータはマイナビ薬剤師が厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」のデータより、20〜50代までの男性・女性それぞれの年代別平均年収についてまとめたものです。(なお、「賃金構造基本統計調査」では「きまって支給する現金給与額×12カ月+年間賞与その他特別給与額」で平均年収を算出している)

年齢男性女性
20代約413万円約408万円
30代約617万円約536万円
40代約665万円約597万円
50代約687万円約570万円

表の値と自身の年収と比較していかがでしょうか。

もちろん地域によって年収ベースが異なってくるとはいえど、もし、あなたの年収がこの平均値より低いのであれば、それは改善する余地があると思った方が良いでしょう。それだけは間違いありません。

では年収を上げるために、求人サイトを検索したり、人材紹介会社を経由して転職すればいいじゃない?と思うかもしれませんが、

実際そのようにしてきて、今の年収が低いのではありませんか?

それが薬剤師求人サイトや人材紹介会社を利用した転職の罠に引っかかりやすいポイントであり、逆に年収を上げるために改善できるポイントでもあります。

では求人サイトで探したり人材紹介会社を利用する際に、どのような点に注意し、どのように年収(給料)を上げれば良いのでしょうか。

 

年収が低い調剤薬局の薬剤師が給料を上げるためのストラテジー

求人サイトの募集情報は信用してはならない

初めて転職活動をする人がしてしまいがちなのが、求人サイトに掲載されている求人情報を鵜呑みにしてしまうことです。

求人サイトの情報全てを信用してはならない

これは別の記事「薬剤師転職サイトの求人件数が多い問題〜本当は存在しない説」で詳細に解説させていただきましたが、求人サイトに掲載されている求人はすでに募集を終了していることが多い。この理由が知りたい場合は上の記事を参照にしてください。

今回の記事では、それ以上にぜひ知って欲しいこととして、条件の求人は求人サイトにほとんど掲載されないということです。

それはなぜでしょうか。

 

条件の良い求人が検索サイトに掲載されることはない

繰り返しますが、好条件の求人が薬剤師求人検索サイトに掲載されることはありません

なぜなら、紹介会社のコンサルタントはリアルタイムで求人情報を得ているからです。もし、好条件の求人が入ってきたら、紹介会社に登録している薬剤師に優先的に紹介するのはもはや必然です。

当然ながら、紹介された薬剤師は、応募先着順に面接をし、そのまま入社することが多い。やはり採用もすぐに決まりやすいので、どの紹介会社も真っ先に好条件求人は登録している薬剤師に紹介します。

さらに、コンサルタントの力でさらに条件良く入社できることもあります。これが転職の勝ちパターンの場合です。

 

もちろん、全部がそういうわけではなく、好条件の求人が求人サイトに掲載されることもあります。

ただ、それは田舎や割と不便な地域での求人が多い。もともと応募も少ないので、すぐに採用が決まることは少なく、そのまま残った案件が求人検索サイトに格納されるという流れです。つまり、これが「薬剤師は田舎の年収が高い」と言われる所以の一つです。

タイミングによっては便利な都市部でも好条件の求人が掲載されることもありますが、それは求人を出すクライアント側(薬局・病院)が紹介会社に求人情報を伝えるとほぼ同時に募集要項がサイト上に掲載される場合で、それでも多くの場合、すぐに採用が決まってしまいます。

先ほども説明しましたが、このような既に実在しない求人情報が求人サイト内に残り続けているというわけですね。

 

会社を辞めてから転職活動をしていませんか

また、多くの薬剤師がしてしまいがちなのが、転職を決めてから転職サイトに登録すること。最悪の場合、退職してから転職活動を始めるパターン。

転職を決めていざ求人サイトで探しても、タイミングよくその時点で条件の良い求人がある可能性は低いです。

つまり、在職中に少しでも転職を考えていたり、自分の年収が低いのか気になるようでしたら、なるべく早めに薬剤師専門の人材紹介会社に登録した方が良い

紹介会社に登録すると、条件指定した求人が出たらコンサルタントがあなたに連絡をしてくれます。つまり、こちら側があらかじめ条件を絞ってコンサルタントに伝えておけばいいのです。

頻繁にかかる電話が鬱陶しく感じるのであれば、メールでもらっても良い。

とりあえず、登録。それが現在低い年収を最大限に上げる第一歩です。

 

どの薬剤師紹介会社でもいいというわけではない

年収(給料)を上げる転職に向けて、まずは薬剤師紹介会社の求人サイトに早めに登録することがいいのは理解できましたが、どの紹介会社にしたら良いのだろうと思うかもしれません。

全国には様々な職種の人材紹介会社があります。

特に女性が多い薬剤師は転職が盛んな職種で、それに伴い薬剤師専門の紹介会社も多く存在します。

選ぶべき人材紹介会社はそれぞれ対応している業種や雇用形態、地域などで異なります。例えば病院の転職であれば株式会社メディウェル(アイングループ)運営の『病院薬剤師ドットコム』、正社員であれば大手紹介会社である『マイナビ薬剤師』、とりあえず派遣でつなぎたいなら『ファルマスタッフ』などさまざま。

また、残念ながら転職希望者が高齢すぎると対応してくれない紹介会社も存在したりするので(表面では対応しているのですが)、実績があり、実力のある人材紹介会社を選ぶようにしましょう。

当サイトではあなたのプロフィールや希望条件によっておすすめの紹介会社を検索できる機能を有しています。

ぜひ利用して年収を上げるべく転職活動のスタートにご利用ください。

→ ヤクラボのあなたに合った薬剤師紹介会社検索はコチラ

 

希望転職時期は遅すぎないように注意

これまで『早めに行動』『薬剤師紹介会社になるべく早く登録する』と伝えてきましたが、登録する際に注意すべきことが1つだけあります。

それは、多くの紹介会社の登録フォームにある「転職希望時期」について。

早めに登録しているから、転職希望時期も正直に「6ヶ月以上」や「半年以上」などとしてしまうと、紹介会社のコンサルタントに「この薬剤師はあまり転職する欲がないのだな」と判断されてしまい、好条件の求人情報の提供がほかの薬剤師より後回しになったり、そもそも提供してもらえないリスクがあります。

そのようにならないためにも、少なくとも「いい案件があったら」などとあくまで転職する姿勢があることが伝わる選択肢にチェックしましょう。

そうすれば、今まで出会ったこともないような好条件の求人がポンっと舞い降りることもありますよ。

 

まとめ

今回の記事では薬局や病院で働く薬剤師を対象に、年収(給料)を上げるコツを一つご紹介させていただきました。

  • 思っているよりあなたの年収(給料)は低いかもしれません
  • 転職をするなら早めに行動する
  • 転職を少しでも考えているのであればいますぐ紹介会社に登録

最近ではいきなり薬局が別の薬局に譲渡(M&A)されて年収が大きく下がってしまった事例も多く報告されています。

一度、年収(給料)をベースに今後のキャリアプランを考え直してみてはいかがでしょうか。

現役の薬剤師が利用する人気薬剤師転職サイト

  • マイナビ薬剤師

    • 正社員
    • パート
    • 契約社員
    • 派遣
    マイナビ薬剤師

    会社概要

    運営会社
    株式会社マイナビ
    設立
    1975年
    対応地域
    全国
    オフィス
    東京(他全国14ヶ所)

    ご利用者満足度 No.1*

    • 就職情報サイト最大手『マイナビ』の運営
    • 全国15カ所にオフィス展開
    • 人材紹介業45年の豊富な経験と実績
    調剤薬局
    ★★★★★
    公開求人数
    60,648件
    ドラッグストア
    ★★★★★
    非公開求人
    あり
    病院
    ★★★★★
    ママ薬剤師
    対応
    企業
    ★★★★★
    シニア薬剤師
    対応
    (2021.2.1時点)

    マイナビ薬剤師の一番のポイントはコンサルタントが転職希望者と「会う」という姿勢を大事にしていることです。

    電話やメールでのヒアリングでは、「どういう理由で転職を希望しているのか」「どのような条件を希望しているのか」思った以上に伝えられないもの。コンサルタントと転職希望者が直接会うことで、取りこぼしのないヒアリングが可能となり、より良い転職活動のサポートが可能になります。
    マイナビ薬剤師は全国にオフィスを構えているので、地方に住んでいる薬剤師も相談しやすい環境ですね。

    * 薬剤師人材紹介サービス15ブランドを対象とした楽天インサイトによる調査(2019年10月)

  • ファルマスタッフ

    • 正社員
    • パート
    • 契約社員
    • 派遣
    ファルマスタッフ

    会社概要

    運営会社
    (株) メディカルリソース
    設立
    2000年
    対応地域
    全国
    オフィス
    東京(他全国11カ所)

    調剤大手『日本調剤グループ』運営

    • 現場の情報力、入社後のフォローの手厚さ
    • 派遣薬剤師に対する手厚い福利厚生
    • 優良派遣事業者認定
    調剤薬局
    ★★★★★
    公開求人数
    62,460件
    ドラッグストア
    ★★★★★
    非公開求人
    あり
    病院
    ★★★★★
    ママ薬剤師
    対応
    企業
    ★★★★
    シニア薬剤師
    対応
    (2021.02.01時点)

    ファルマスタッフのコンサルタントは実際に薬局や医療機関に訪問して働く現場を細かく確認するため、「職場環境」や転職者希望者の最も気になる「人間関係」などの情報も事前に把握するよう努めています。これは薬剤師専任キャリアコンサルタントを多く保有する大手紹介会社だから成せることです。

    優良派遣事業者認定制度「優良派遣事業者」認定企業で、派遣薬剤師の登録者数も多く、薬局、医療機関から信頼があります

    ファルマスタッフは、福利厚生も非常に充実しているので、多くの薬局でファルマスタッフに所属する派遣薬剤師に出会います。

  • ファーマキャリア

    • 正社員
    • パート
    • 契約社員
    • 派遣
    ファーマキャリア

    会社概要

    運営会社
    エニーキャリア (株)
    設立
    2018 年
    対応地域
    全国
    オフィス
    東京

    コンサルタントの専門性の高さに自信

    • 専門性の高いコンサルタントを目指す
    • 少数精鋭で交渉力に自信あり
    • 広告より人に投資する紹介会社
    調剤薬局
    ★★★★★
    公開求人数
    41198件
    ドラッグストア
    ★★★★★
    非公開求人
    あり
    病院
    ★★★★
    ママ薬剤師
    対応
    企業
    ★★★★
    シニア薬剤師
    対応
    (2021.2.1時点)

    ファーマキャリアは、「規模拡大を急ぐあまりスキルの低いコンサルタントばかりになってしまった会社」「高い利益率を維持するために十分な人員を配置しない会社」「広告にばかり予算を投じ人にお金をかけない会社」「採用側企業や親会社の意向を優先する会社」では薬剤師転職のサービス低下に繋がると考えています。

    そこで、コンサルタントの専門性を高く評価し、さらに1人あたりが担当する薬剤師人数を制限することで、転職サポートのクオリティを維持するよう取り組んでいます。

    また、転職希望者一人一人の転職における要望をカスタマイズして作成するオーダーメード求人の取り組みをしています。

  • リクナビ薬剤師

    • 正社員
    • パート
    • 契約社員
    • 派遣
    リクナビ薬剤師

    会社概要

    運営会社
    (株) リクルートメディカルキャリア
    設立
    1979年
    対応地域
    全国
    オフィス
    東京

    人材紹介最大手のコンサルティング力

    • 人材紹介業最大手リクルートグループが運営
    • 薬剤師にかかわらず転職に関するノウハウが豊富
    • 転職スケジュールの管理能力の評判が多数
    調剤薬局
    ★★★★
    公開求人数
    43,547件
    ドラッグストア
    ★★★★★
    非公開求人
    あり
    病院
    ★★★★
    ママ薬剤師
    対応
    企業
    ★★★★★
    シニア薬剤師
    対応
    (2021.2.1時点)

    「リクナビ」と言えば求人広告や人材紹介業界では最大手の企業です。

    対応が良く、提案力も高い、しかも的確。頭のキレる優秀なコンサルタントが多いといった薬剤師の評判が目立ちました。

    さらに人材紹介会社の先駆けとして蓄積された経験により、転職希望者の自己分析、履歴書の書き方など、好条件での転職を成功させるためのアドバイスがたくさん用意されています。特に、仕事をしながら転職先を探していた薬剤師の意見で多かったのが、コンサルタントのスケジュール管理力と提案力です。

    リクナビ薬剤師は、忙して転職活動に時間を割けない在職中の薬剤師の間でとても高い評判の転職支援会社です。